ランニングと自転車でダイエットできるのか

中性脂肪と血糖値高めのおっさんが、メタボをやっつけるためにランニングや自転車をやり、トライアスロンやマラソンに出る日記です。

ワークマンでランウエアを物色

大工さんなど職人さん向け衣料専門店のワークマンってあるじゃないですか。

www.workman.co.jp

このワークマン、最近は仕事着だけじゃなくて、登山やスポーツやバイク用衣料として人気だと聞いておりまして気になっていました。

すると昨日、丁度バックパックを背負ってロードバイクにのっている時にお店を発見したので、すかさず物色してきましたよ。


結論から言うと相当行けますね。ワークマン。

店に入るとお客さんは仕事帰りの職人さん風の人が多く、レーパンでジャージなのは僕だけでした。

常連客風の人も多く、お店の人と楽しそうに話していたりします。職人さんは陽気な人が多い気がしますね。


まずは靴下をチェックします。

品揃えは相当です。軽く100種類は陳列されていました。

色や長さ以外にも、私の好きな5本指があったり、綿100%もあれば、ポリエステル多めのがあったり、Tabio風に底にすべり止めが付いているものがあったり、なかなか選び甲斐があります。

値段も安いですね。ポリエステル多めの5本指で、標準的な価格が3足980円。安いのは3足760円なんてのもありました。

結局買ったのはこれです。

f:id:wildhog:20180709131726j:plain

半分以上ポリエステルの綿混で、クールマックス糸も使っているようです。
ほどほどの厚さで、まだ分かりませんが見たところ耐久性もありそうです。

f:id:wildhog:20180709131826j:plain

気に行ったポイントはかかとの上に反射プリントがされていること。
夜仕事する職人さんも少ないでしょうから、どう考えても最初からランナー向けの商品です。

f:id:wildhog:20180709131801j:plain

 

後はウエアをチェックしました。

最近、日焼け止めにためにアームカバーをしますが、このせいで洗濯物が2点も増えてしまうことがストレスで、涼しい長袖シャツがないかなと思いまして。


Tシャツ類は色々ありました。大会でくれるTシャツレベルのものは500円ほどで買えます。反射プリント付き半袖で580円とか。ユニクロより更に安いです。

でもランパンはそんなに多くなかったですね。


2点買いまして、一つは薄ーい長袖シャツです。ユニクロのエアリズムアンダーウエア的なツルツル素材ですが、ナイロン100%です。

f:id:wildhog:20180709131954j:plain

f:id:wildhog:20180709132719j:plain
これが税込み980円。
他にも半そでや胸元Zipタイプなど色々ありました。

色も派手なモノから地味なモノまで一通りありました。

 

もう一つは、コンプレッションシャツです。

f:id:wildhog:20180709132751j:plain

f:id:wildhog:20180709133350j:plain

これも税込980円と破格。そしてこれもナイロン製です。

適応身長が160~185となっていてサイズは一つだけというテキトーそうな雰囲気が出ていますが、身長180の私が特に問題なく着ることが出来ました。

コンプレッション具合はほどほどで、悪くないです。

密着する分、汗の気化熱を肌から奪っていくので涼しいですね。

サイズこそ1つですが、これも色は色々とありました。

このFind-outというブランドは、スポーツ用みたいですね。

www.workman.co.jp

 
他にも、アームカバーやレギンス、コンプレッションカーフカバーなどランニングに使えそうなものが色々ありましてなかなか楽しめました。

職人さんもランナーも外で汗をかくことは同じなので、服がどっちも行けることにあまり不思議はないのですが、それだけでなく、ここは最初からランナー向けの商品もけっこう作っていますね。

おしゃれかと言えばそんなことはないのですが、別に変でもないので、