ランニングと自転車でダイエットできるのか

中性脂肪と血糖値高めのおっさんが、メタボをやっつけるためにランニングや自転車をやり、トライアスロンやマラソンに出る日記です。

脚が痛くなってしまいました

8月末のことになりますが、順調に4日ほど毎日朝ランをこなし、土曜日に20km走って50km自転車に乗り、次の日曜日に午前中10km走り午後ランのスピード練習(といっても4分半で1km×3)をやったところ、右足のハムストリングがちょっと痛くなってしまいました。
疲れてる感じはあったので、そう言う時にスピード練習はしちゃだめですね。


痛いと言ってもちょっとだけで走れないわけではなく、この機会に普段右のキックが強く左が弱いというバランスの悪さを矯正できないかと思い、一日5km位ですが週4日ほどは左足強めでジョグっています。
自転車も左足弱いので、これも矯正を狙い左足中心に漕いで乗っています。

しかし自転車って右足使わないとめちゃくちゃ遅いものですね。レーパン履いてSPDーSLのシューズ履いてママチャリに抜かれる有り様で、相当カッコ悪いです。

 

この右足、走りだす前は全然痛くないのですが、走るとやっぱり少し痛くなり、1日休むと痛くなくなり、また走ると痛くなる(以下繰り返し)。で、一か月ほど経ちますがなかなか治りません。
ジジイは治るのが遅くて困ります。


湿布薬のロキソニンテープが優秀すぎて、すぐに痛みはなくなるので治ったと勘違いしますが、実はやっぱり治っていないんですよね。

そろそろ医者行こうかとも思うのですが、レントゲンとか取って金かかる割に結局は湿布薬もらって終わりといういつものパターンになる気がしてそれも気乗りしない。
どうしようか。しばらくレースもないし一切走るの止めてみるか。

 

余計な知識ですが、この湿布薬は久光の「モーラス」(有効成分:ケトプロフェン)と第一三共の「ロキソニン」(有効成分:ロキソプロフェン)との2大ブランドがあります。
どちらも似たような効き目で、有効成分がインドメタシンの商品に比べると効きはいいと思いますね。


しかし、「モーラス」の方は貼ったところや以前貼っていたところに日光が当たるとアレルギー症状が起きてかぶれる可能性があるらしいので、外を走ったりする人は「ロキソニン」の方を処方してもらえるようにお医者さんに頼むといいと思います。
貼ったらその後4週間はそこを日光に当てるなということらしいので、腰のようにあまり日光にあたらない場所ならいいですが、足の場合「モーラス」は調子悪いと思います。


ジェネリックの場合は「ロキソニン」のゾロで、有効成分が「ロキソプロフェン」のやつにしてもらいましょう。

「モーラス」のジェネリックは「ケトプロフェン」というのが有効成分です。


最近は「ロコア」「アドフィード」などのフルルビプロフェン系が最強という話もありますが、私はまだ試したことがなく一度試してみたいと思っております。

 

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/imgs_product/pict_loxonin-s_tape.jpg