ランニングと自転車でダイエットできるのか

中性脂肪と血糖値高めのおっさんが、メタボをやっつけるためにランニングや自転車をやり、トライアスロンやマラソンに出る日記です。

禁断の超軽量シューズ Karrimor AEROUS120

まずはこのヤバい写真をご覧ください。

f:id:wildhog:20171104141743j:plain

このシューズ、私のサイズなのでアシックスで28.5㎝のサイズ相当です。

これで重量151グラム。微妙に衝撃的じゃないですか?

多分ターサーより、ソーティマジックより軽いと思います。

 

そしてKarrimorというブランドがまた怪しさ満点です。

Karrimorってバックパックとかアウトドア用品のブランドと思っていましたが、本国イギリスではランニングシューズも出していまして、これをロンドンで買ってみたのです。

f:id:wildhog:20171104143421j:plain

見た目は割と普通で接着補強が付いたアッパーです。

ベロも割と普通で耐久性を犠牲にしたようには見えません。

 

f:id:wildhog:20171104144240j:plain

底は一応の厚さはありドロップもあります。

意外と一応クッションはあり、ターサージールより余裕で前も後ろもクッションがあります。

ライトレーサーよりちょっと固いくらいでしょうか。

 

f:id:wildhog:20171104144106j:plain

すごいのは底です。この白い部分はミッドソールのフォーム素材にそのままパターンが付いています。クロックスのサンダルの底みたいなことですね。フォーム素材なので多分、すぐ減っちゃうと思います。

つま先とかかとに申し訳程度ラバーが付いていますが、これも2ミリ程度と薄く、底の耐久性はめっちゃ悪そうな決戦仕様シューズです。

 

幅も2E程度で、軽いだけあって現所有シューズ中これが一番速く走れると思いますが、マラソン一発で底が終わってしまいそうで実戦投入は躊躇しております。

私には決戦などありませんし。

 

そんなわけでこの靴使いどころが見当たらなかったのですが、軽くて持ち運びに便利なので、仕事帰りのジム用シューズとして活用しています。

トレッドミルならそんなに底も減らないですし。

 

ちなみにこれを買ったのはロンドンのピカデリーサーカスにあるLillywhitesという激安スポーツ店。

ロンドンのロンドンスポーツ御徒町)と思ってくれれば大体当たりですが、ビルの1階から8階まで売り場なので、「流石本場ロンドンのロンドンスポーツはすげえ」という意味不明の感想になってしまいました。

ここでシューズ買って、ハイドパークを走るのものもいいですね。